遺品整理はどのように対応してくれるの?

「手が回らないので遺品整理業者にお願いしたいが大事なものまで捨てられたら困る」

このように考えて業者に依頼することを躊躇している方もいらっしゃいます。
遺品整理業者に依頼してから、どのような流れなのか簡単にご紹介しましょう。

契約後、当日にまず事前ミーティングを行います。
そこでとっておいて欲しいもの、片付けを手伝って欲しいものなどを伝えておきます。

そして搬出して良いものからトラックに積み込んでいきます。
例えば、特に貴重品や思い出の品とは関連性のないテーブルや椅子、ソファ、テレビ等。
搬出して問題ないものからどんどん運び出してきます。

そして引き出しなどに、もし写真や思い出の手紙、契約書類などが入っていれば、細かく分類してもらいます。

遺品整理業者にとっては、一番ここが気を配る部分です。
無下に扱ってしまっては、ご親族の方も非常に嫌な思いをしてしまいます。

そしてもし捨てるのに躊躇してしまうようなものがあれば、供養する事も可能です。
例えば、人形、お守り、だるま、数珠など。

ただ単に燃えるものとして廃棄するのではなく、供養して精神的にも整理してから片付けるのが望ましいです。

スピーディーに片付けるところと、しっかり整理を行うところは遺品整理業者も意識しています。

業者に依頼をご検討中の方はBASE HILLまでご連絡ください。

お問い合わせはこちらから