遺品整理を行なう場合の注意点とは?

大切な人が他界して、遺品整理を行なう場合の注意点は、どのような方法で遺品整理を行なう場合も共通している部分があります。

まず、遺品整理を始める前に、遺言書があるかどうかの確認をすることからはじめましょう。

正式な手続きに従って遺された遺言書は、法的に大きな効力を持つため、その遺言書に記載されている内容は重要視されることとなるため、遺品について記載されていることがあれば、それに従う必要が出てきますので、遺品整理を始める前には必ず遺言書がないかなどを調べて確認することが大切です。

遺言書の確認を終えたら、遺品整理のスケジュールをたてていきます。

遺品整理を始めるのに一番最適なのは、四十九日法要を終えてからというのが一般的ですが、それはあくまでも一般論なのでケースバイケースと思っておくと良いでしょう。

故人の住居が持ち家の場合は、遺品整理もゆっくり余裕を持って取り組むことができますが、賃貸物件の場合はそうは言っていられませんので、退去日までに全ての遺品整理が終了できるようなスケジュールを立てることが大切です。

遺品整理は、葬儀などが終わり、ひと通り行わなければいけないことが終わり、落ち着いてから取り掛かることができると思いますので、慌てずに落ち着いてからスタートさせるようにすると良いですね。

 

お問い合わせはこちらから